みずほ銀行と三菱UFJ銀行のカードローンを比較

みずほ銀行と三菱UFJ銀行は日本の3つのメガバンクで、日本を代表する銀行になっています。

メガバンクのカードローンは、信頼性が高く利用者も安心して使えるメリットがありますが、みずほ銀行と三菱UFJ銀行のカードローンには特徴がそれぞれ違いがあります。

  • 口座開設
  • 金利
  • ローン契約機

上記の3つが比較されやすい項目になります。

口座開設の有無

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」は口座開設をしなくても、バンクイックを申し込むことが出来て、審査に通り契約できれば、そのままカードローンで借りることが出来るようになっています。

ですので、三菱UFJ銀行を日頃から利用していない方でも、初めてバンクイックを申し込んだとしても大丈夫になっています。

みずほ銀行カードローンの場合は、みずほ銀行口座を開設している方が申し込めるようになっているので、日頃から利用していないと申込は難しくなります。

カードローンと申込と同時に口座開設も出来るので、時間はかかりますがみずほ銀行を選びたい方は、利用を考えても良いと思います。

バンクイックで口座引落をするには口座が必要

みずほ銀行カードローンは普通預金口座を返済用口座に登録することになるので、借りたお金を返済する時は自動引き落とし「口座振替」になります。

返済日になれば勝手に引き落としされるので、返済日を忘れたり返済が遅れてしまう可能性は少なく出来ます。

バンクイックの場合で口座開設されていない方は、カードを利用してATMで返済する必要があります。他行の口座を自動引き落としに登録することは出来ません。

金利を比較

銀行名 金利
みずほ銀行 年2.0%〜14.0%
三菱UFJ銀行 年1.8%〜14.6%

上記のみずほ銀行と三菱UFJ銀行の金利を比較すると、三菱UFJ銀行カードローンの方が金利が低いと答える方が多いと思いますが、それは下限金利の「年1.8%」を見ているからです。

しかし、下限金利で金利の低さを判断するのは危険で、年1.8%を契約するためには最大限度額500万円を契約する必要があります。

上限金利を比較すると、みずほ銀行の「年14.0%」の方が低くなっているので、みずほ銀行カードローンが低金利だと言えます。

ローン契約機の有無

みずほ銀行カードローンには自動契約機で申し込むことは出来ません。もし店頭で申し込むためには窓口で申し込むことになります。

三菱UFJ銀行カードローンでは、ローン契約機になる「テレビ窓口」というものがあり、担当者と対面せずにカードローンが申し込めるようになっています。

テレビ窓口でカード発行がされるので、本審査に通ったあとにカードがすぐに使えるようになります。

今ではネット申込が主流の申込方法になっているので、みずほ銀行と三菱UFJ銀行では申込方法に違いはそれほどありません。