みずほ銀行カードローンと消費者金融の金利を比較

みずほ銀行カードローンは銀行カードローンの中でも金利が低いことで有名で、利用者も金利が低いことを理由に選ばれた方も多くいます。

しかし、消費者金融の利用者も断然多くなっています。

では、みずほ銀行カードローンと消費者金融の金利には違いがあるのでしょうか?

みずほ銀行カードローンと消費者金融の金利の違い

金融機関 金利
みずほ銀行 年2.0%~14.0%
プロミス 年4.5%~17.8%
アコム 年3.0%~18.0%
アイフル 年4.5%~18.0%
SMBCモビット 年3.0%~18.0%

上の表はみずほ銀行カードローンと大手消費者金融4社の金利を比較した表になります。

まずは、下限金利と言われる低い方の金利を比較すると、みずほ銀行カードローンは年2.0%の非常に低い金利になっています。

消費者金融は「3.0%~4.5%」になっていますので、みずほ銀行カードローンと比べると高い金利になります。やはり、みずほ銀行の方が金利が低いので定評がある事が分かります。

次に下限金利と言われる高い方の金利を比較してみると、みずほ銀行カードローンは「年14.0%」です。消費者金融はほとんどが年18.0%になっていることが分かります。

上限金利の差は約4%あり、みずほ銀行カードローンの金利の低さが目立つのが分かります。

30日間で50万円借りた時の利息の差は「1,600円」以上になるので、毎月少しずつ返済していくと大きな利息総額の差になります。

みずほ銀行カードローンで契約出来る金利

消費者金融と比べてみずほ銀行カードローンが金利が低いのは分かりましたが、実際に契約できる金利は何パーセントになると思いますか?

「年2.0%で契約できれば嬉しいな~」と思う方が多いと思いますが、まず年2.0%で契約できる方はいません。

契約限度額 基準金利
10万円以上100万円未満 年14.0%
100万円以上200万円未満 年12.0%
200万円以上300万円未満 年9.0%
300万円以上400万円未満 年7.0%
400万円以上500万円未満 年6.0%
500万円以上600万円未満 年5.0%
600万円以上800万円未満 年4.5%
800万円 年2.0%

年2.0%を契約するためには、みずほ銀行カードローンで最大の800万円限度額で契約出来なければいけません。初めから最大限度額で契約する事は不可能です。

みずほ銀行は100万円以上の限度額でも契約しやすいカードローンなので、年12.0%より低い金利で契約できる可能性は高いです。そうすれば消費者金融よりもさらに低い金利で契約出来るようになります。

ですので、みずほ銀行カードローンの口コミも多く、評判も非常に高いとされています。

長期利用にお得になるみずほ銀行カードローン

低金利なみずほ銀行カードローンですが、最も効果的に利用方法が長期的な返済期間の時になります。

短い期間の返済であれば高金利でもそれほど利息に差がありません。しかし、長期的な返済期間になると毎月の利息が発生するので、なるべく金利が低い事が有利になります。

消費者金融は金利が高いので、利息が多くなるので長期利用にはオススメ出来ません。